08≪ 2017/03 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-05-28 (Fri)
クタクタになりながら、週に一回 一歳と二歳の子を連れて電車で病院へ。。。
高槻の駅から病院まではおとなの足で徒歩10分弱。ベビーカーと一人は手を引いて(途中だっこで)歩くので
約20分程かかってたかな^^;
そして着いたら3~4時間待ち

これはなんのお仕置きでしょうか? っていつも思ってたなぁ。。。

そしてようやく帰ったら地獄のお風呂。


本格的なリバウンドが始まってからはこの通院作業が泣きたくなるほど苦痛でしたね。

息子は全身真っ赤でグジュグジュ・・・
狂ってしまいそうなほど痒いし、痛い。。。熱も出てきてとても辛そう
ここでウソのような話を!
一般的に湿疹は掻いてはいけない!というのが当たり前に言う事ですが
掻いていいんです! むしろ掻かないといけないんです!
なぜかと言うと、
掻くことによって抗体を使うことになり治療がより進むからなんです。
しかもこの治療中に掻いてえぐってしまった個所も跡にはなりませんでした^^

そんな中電車での移動は辛かろうと、パパにヘルプを出し、
幸い日曜日も開けてくれている病院だったので、辛い間は週末に車で連れて行ってもらってました。

そして、こんなお化けのようになった息子を診察
「うん!順調順調!お母さんこれからやで根あげるなよ!」と言われ。。。
IgE抗体の検査のため採血。

抗体の値が凄く上がっています。。。戦ってる!
この抗体の値が下がって落ち着けば暴れることはなくなる。アトピー脱出です。

それまではなかった抗生物質(内服薬)を処方され帰宅。
免疫が落ちてきているので感染予防と、あとは薬もそのままGOでいいので
この頃から隔週の通院に切り替えましたっけね。

そんな息子にとっての辛く眠れない地獄の日々が2週間強続いたでしょうか・・・
ようやく熱が下がり湿疹が枯れてきました。

さて、このリバウンドですが
これはステロイドを使っていた人が強くでる反応です。

家の息子にはそれは使っていませんでした。

ではなぜ酷く出たのか、

それは小児科でもらって塗っていた湿疹の軟膏が原因とのことでした。
これらもやはり「非ステロイド」ではあるが症状を抑え込む薬なわけで
たいして変わりはないんだとか。。。

でも、治療開始が早かったのでリバウンドも短期間ですむかも!

しかし、あまかった

一旦枯れて脱皮したかと思うとその一か月後(だったかな?)に第二波が
最初ほどではないけどやっぱり辛い高熱を伴うリバウンド。。。

しかも免疫が落ちているので風邪も併発。。。
ここで厄介なことが。
この治療中は抑え込む類の薬を使ってしまうとえらいことになってしまいかなり危ないらしく
そういった類のもの、抗ヒスタミン剤(普通の風邪薬)などは一切使えないのです。

抗生物質と熱さましの頓服のみ。
次は風邪を引かせないように、自分たちが引いて移さないように細心の注意を払いました。

風邪の熱発の時もそうですが、リバウンドの熱を伴う間もお風呂には入れません。
しかし入浴用の漢方は使わなきゃいけないので、
煮出したもので軽く絞ったガーゼを湿布したり拭いたり。

そして食欲がなくなった子にあのまずい煎じ薬を。。。
さすがに疲れがピークにきた母の心は折れました。。。

「もう止めてあげたい。。。」

でもここでやめたらなんの意味もなくなる!
3日程で立ち直り(笑)前向きに看病に立ち向かい息子にも頑張ってもらいました。

(今現在このことは息子の記憶にほとんど残っていません。よかった^^)

辛すぎて写真を撮ることが殆どなかったので酷い時期のはお見せできませんが

img033.jpg
これは最初に出だした頃の写真です。

img034.jpg
これは2回目のリバウンドで枯れて来た時のだったかな。



その後入浴剤の使用を2日にいっぺん、3日にいっぺん
週一回と減らしていき、もう一回軽いリバウンドを迎え

治療開始から約一年後

最初のアトピー肌がうそのようなつるつるピカピカの肌を手に入れたのです!


img035_20100601193313.jpg

漢方入浴♪ 凄い色でしょ。 横で娘が持っているきたない色したやつが漢方を入れたおむつ袋です(笑)
この写真の息子の肌! 湿疹の跡形もないでしょ^^

やっと終わった~~~~~。。。とっても長い一年でありましたが

終わってみればたったの1年で済んだ~~~と
涙が出るほど嬉しく
その病院の決まりである手記を書き提出し待合室の大きな棚のファイルの一つに綴じられ

(辛いリバウンドの最中に皆待合室で、
 同じ思いをして乗り越えた人達のこの手記を読み頑張るのです。)

通院終了!

と思ったら。。。つづく。


※IgE抗体のことを詳しく知りたい方はこちらを読んで下さい。良く分かります!

※松本医師のアトピーの根本治療法の論文も良かったら読んで下さい♪ 納得できます♪
* Category : アトピーの話
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。