08≪ 2017/03 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2009-09-30 (Wed)
幻日(げんじつ)って聞いたことありますか?

太陽と同じ高度の太陽から離れた位置に光が見える大気光学現象のことだそうですが

空の写真4でアップしたタツノオトシゴみたいな雲の写真にある虹色が
どうもそれのようなのです

この幻日は、
空中に浮かぶ氷晶に太陽の光があたることで現れる現象で
氷晶が平たい六角板状でその面が水平にそろっていることが条件のようで

六角形の面が水平にそろっていないときには、
「内暈(ハロ)」という太陽が中心で半径22度の輪になるようなんです。

それがコレ。。。

CA350642.jpg

息子のサッカーの試合中(午前中)に現れた内暈です。
ケイタイで太陽にレンズを向けて撮ったので暗い写りになってますが
実際は青空に太陽を囲む虹色の輪が出来ていてとっても幻想的で綺麗だったんですよ


最初は小さな虹状の幻日が現れて、
日が少し昇ると俗に逆さ虹と言われる「環天頂アーク」が太陽の下?の方に現れ

これです
CA350631.jpg

そしてだんだんと環になっていきました。

CA350641.jpg

内暈と幻日・環天頂アークが重なると
虹色の環が太陽を囲む「幻日環」というものになるんだそうです。

凄~く綺麗ですよ
この日以降2回この現象と出会ってます

幻日が現われるのは
太陽高度がおおよそ40度以下の時に限られるようなので
朝か夕方に気にして見ていたら出会えるかもしれませんよ


* Category : 「空」の写真
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。